2017年6月3日土曜日

一度やってみたかったこと…

「は~い、全員集合~!」っていうヤツですね

 部屋を片付けた記念に並べてみました。いつの間にかこんなことになってたんですね…(^^;ゞ
 
 現役のもの、思い出深いもの、使った事無いもの…(笑) 今のところ「もうこれ以上は増やすまい」とは思ってるんですが…
 
 

2017年3月24日金曜日

今年も楽しかったです!

 なんか元日以来ほったらかしにしてましたが、ちゃんと生きております…
(;´・ω・)
 

 先日、毎年の恒例行事「母校の定演」に乗ってきました。

いつもの桜はまだ一輪も開いてませんでした。
今年はいつもより寒いんですかね?

現役ステージのリハーサルの様子

舞台袖で待機中(あまり緊張してません…笑)
 
 さて、毎年「何の楽器で出るか?」で揉める(?)小人ですが(2016年3月21日投稿『今年も出られました!』参照)、今年は次のような希望を出していました。
 
 第1希望:コントラバス
 第2希望:バスクラリネット
 第3希望:バリトンサックス
 
 結局、第1希望と第3希望には他のOBがエントリーしていたので第2希望のバスクラになったんですが、指揮者が「どうしてもファゴット吹いて欲しい」という曲があったのでファゴットも持ち替えで吹く事に…。
 
 バスクラは今回初めて吹いたんですが、やっぱり吹奏楽はB♭管に限りますね!「木低トリオ」ってほぼ同じ事やってるだけに、in B♭の気持ち良さはハンパないんです(笑)
 
以前買ったスタンドにもやっと出番が!
 
ちなみに過去何で乗ったのか見返してみると…
 
  2009年 ファゴット
  2010年 ファゴット
  2011年 バソン
  2012年 (不参加)
  2013年 バリトンサックス
  2014年 テナーサックス
  2015年 ファゴット
  2016年 バソン
  2017年 バスクラ(+ファゴット)
 
う~ん、<謎のOB>と呼んでもらうにはまだまだバリエーションに欠けますね…(2014年10月25日投稿『誤解しないで…(笑)』参照)
 
関係者の皆様、来年も『何かで』頑張りますので宜しくお願いします!
m(_ _)m
 
 

2017年1月1日日曜日

新年のご挨拶



今年もぼちぼち演奏と更新に勤しみます…
本年もどうぞよろしくお付き合い下さいませ! 
 

2016年12月24日土曜日

2016年11月29日火曜日

チャカンと茶館

 先の週末、タケヤマさんの展示会にお邪魔してきました!
 
相変わらず味のある商店街を抜けて…

欧州と昭和が交錯するところ…(笑)

 今年はギャラリーだけでの開催で、ちょっとこじんまりした感じでした。目玉となる新商品も無かったんですが、色々と企画・研究はされてるようです。内容は書けませんが試作品も試させてもらいました。来年の展示会での発表、期待してますね~!
 
チャカンのオリジナル曲を収録したCD。
タラソフ氏も演奏に参加されてます。

 また今年はモーレンのタラソフ氏(2013年11月22日投稿『アジアン・リコーダー・フェスティバル、スゴかったです!』参照)にお会いできなかったのが残念でした。仕方ないので(?)毎年デモンストレーションしてくれてたチャカンのCDを買いました。モーレンさん、この楽器のリバイバルにかなり力を入れてるようですね。
 
 一般的にリコーダーは<古典派の時代には廃れてしまい、ドルメッチが『再発見』するまで「忘れられた楽器」だった>というのが通説ですが、<実は19世紀にもチャカンという形で人々に愛されていた>というのが彼らの主張です。モーレンによる楽器の復刻とタラソフ氏の校訂によるオリジナル曲の出版は、この楽器をリバイバルさせる興味ある試みです。
 
 

 
タラソフ氏によるチャカンのデモンストレーション
(シュヴェルム・リコーダーサミット2011)

 
 楽譜買おうかなと思ったんですが、チャカンってAs管なんで楽器とセットで買わないと使い途無いので止めました… 
 
 

 抽選会で当たったチケットで、同じ商店街の嶋屋喜兵衛商店さんでコーヒーをいただきました。ここは明治時代に建てられた立派な町家で営業されてるカフェ、いや純和風なので「茶館」と呼ぶべきでしょうか?「ええとこ」の家にお呼ばれした感じでとっても和めます。タケヤマさんに行ったら、ついでに是非!
 
 

 
【おまけ】
 
同じ期間に開催された某楽器店のフェアの案内状。 
あ~ぁ、やっちゃいましたね…(笑)

笑って許して…