2017年12月11日月曜日

タケヤマさんの展示会2017

先週、タケヤマさんの展示会に行ってきました!

今年は海外からの出展を抑え、自社製品をガッツリ展示されてました。
これだけの量のタケヤマリコーダーを試せるとは至福です!

【今回の小人的注目アイテム…】

ルネッサンスの笛
なんとタケヤマからガナッシタイプの笛が出ました!平尾先生とのコラボだそうです。息がたっぷり入る、大きな音のする笛です。
 
 
チェリーの笛
桜材は昔から扱われていますが、そう言われてみれば「タケヤマ」ブランドとしては無かったような気が…とっても軽くて扱いやすい笛です。柔らかい音色で優しい気持ちになれます。ちなみに写真ではサイズ感が分かりませんが、アルトとテナーです。
 
 
ペアウッドの笛
ペアウッドと書かれていますが、ヨーロッパのメーカーがよく使う「洋梨」材ではなく、「日本の梨の木」で作られているそうです!独自の仕入れルートを開拓して製品化されたそうなんですが、竹山さんの研究心にはいつも感服しますね。和梨材は洋梨材と比べると硬い材料のようで、輪郭のはっきりした音色がします。
 
 
ローズウッドの笛
ワシントン条約により今後入手が困難になるであろう笛たち。20年後には高値がつくかもしれません。買うなら今ですよ(笑)
 
 
ゼンオンさん、気合入ってる~!
全音の「本気」のプラ管リコーダー。指孔のアンダーカットは再現されてるし、吹き心地はまんま木管だし…すごいです!真冬の練習用や野外での本番用、高校野球の応援用(笑)などに是非一本!
 懐かしのリコーダーピースも50タイトルほど再版されるんですね。小人は目ぼしいものは既に持ってるので買いませんが、アレやアレが新品で手に入るとは喜ばしい限りです。
 


 
「あべのべあ」のラテアート
笛を堪能した後はハルカスでティータイム。楽しい一日でした!

 

2017年12月7日木曜日

世の中、ファゴットの扱いって…

 楽天市場に出店されている某有名楽器店のページです。


下段のボタンの項目に注目!
  なんと!?楽器別のボタンに「ファゴット」がありません!そりゃまあ一般的にはピッコロとかフリューゲルとかの方が販売台数多いんでしょうけど…普通はねぇ…非道い…orz
 

  決してファゴット売ってないとかじゃないんですよ。ちゃんとカテゴリーもあるし、「並」はおろかコントラまで扱ってるというのに…
 


でもよ~く見ると同じメーカーのカタカナ表記がブレてますね。ドイツだから「rei」は「ライ」ですよね~って…綴りまで間違ってるやん!
 
 
 
管楽器専門店ですらこのレベルって、悲し過ぎです…(T-T)

 

2017年12月3日日曜日

分離独立!

 すいません、カタルーニャとかスコットランドの話じゃありません。楽器屋さんの話です…(^^;ゞ
 

 先日、新大阪に新しくオープンした管楽器専門店へ行ってきました!お店の名前は『管楽器専門店 Valoir(ヴェリバ)』

手前が管楽器修理センターさん
赤枠の部分がヴェリバさん

 実は管楽器修理センターさんのお客さんが増えて手狭になったので販売部門を分離独立されたんだそうですが…上の写真を見れば判る通り「おとなり」なんでスタッフさん行ったり来たりされてます…(笑)
 
前より高級な棚に入ってますっ!

 スペースが増えた分ゆったりと展示されてるんですが、出てない楽器もまだまだあるそうです。「こんな楽器が欲しい」と希望を伝えて、色々見せてもらったりアドバイスを頂いたりしながら選ぶのがこの店での正しい買い物の仕方なんでしょうね。
 
クランポンのクラとかもフツーに並んでます
  
木低揃い踏み
コントラは残念ながら売約済み
のため試奏出来ませんでした…

 まだ内容は少ないですがHPも立ち上げておられますので、右側にリンクを張っておきます。新大阪にお立ち寄りの際には是非!
 
 

2017年11月8日水曜日

PLUS ULTRA!

 7月以来すっかりブログの更新をサボってましたが、生きております。ちゃんとオケの練習も行ってましたよ…(笑)

 先日、所属のオケの演奏会が終了しました。団員・関係者の皆様、お疲れさまでした!

割と頑張ったと思います!

 今回は小さいけれどライブなホール。デッドな場所での合奏に慣れた身には他のパートの音が洪水のように押し寄せてきて焦りましたが、しばらく吹いてると徐々に慣れてきて本番は気持ち良く演奏させて頂きました。いや~人間の聴覚ってホント良く出来てますねぇ(笑)
 
 リハーサルの後に指揮者からお願いというか注意が2つ。

「集中して下さい」「表現して下さい」

 録音を聴くとどの練習よりも集中して気合の入った演奏でした。ホールに助けてもらいましたが、久々に吹いてて楽しい本番でした!

今回の本番で小人的に自分に課した課題は…
・弦を聞きながら合奏する
・休み小節数を数えない(「入り」を体で覚える)
・パート譜にユニゾン・ソリになるパートを書いておき、バランスを取る
「何を今更…」という内容ばかりですが…まあそんなレベルですので…(汗
 
 録音を聴いてみると、いつになく良いバランスと音色で吹けてました!今までは「ファゴット聞こえへんから」とシャカリキで吹いてたんですが、今回はホールの音響に助られた事もあって初めて「セーブして」吹いたのが良かったのかもしれません。
 
 反省すべき点としてはリードの「マネジメント」の失敗、ですかね。
実はエースと2番手のリードが本番前に同時にヘタり出したんです。3番手は育成中の次世代グループだったんですが、2番手より明らかに劣る。本番寸前まで悩んだ挙句エースを使ったんですが、やはり多少ピッチが乱れてしまいました。もっと次世代を育てておくべきでしたね。
 ただ録音を聴くと音色はとってもイイんです~果物と同じでリードも腐る寸前が一番美味しいんでしょうか!?


ファゴット席からの眺め
また来年、この席で…

 来年の定演も同じホールで演る事が決まりました。来年は更に良い本番ができるよう、これから1年間精進して行きたいと思います!
 
 

2017年7月16日日曜日

初トラ

 こんな歳で言うのもアレなんですが、生まれて初めてエキストラとして本番に乗りました。しかもファゴット吹きとしてではなく、オーボエ吹きとして…(^^;ゞ
 

 それは6月のとあるオケ練習日でのこと…
 
「小人さん、7/16空いてるオーボエ吹き居ませんかねぇ?」

 聞けば他に所属しているオケの本番でセカンドを吹く人が居ないんだそう。正団員が用事で出られない→師匠が乗ってくれると言っていたのに急に都合が悪くなった→兄弟弟子にも当たったが皆都合が悪い→もう日が無くて焦っている…
 
 条件を聞くとハードルはかなり低そう。しかもこの方、私が以前オーボエを吹いていた事をご存じなので「これはフリに違いない」と思い、つい口走ってしまったのです。
 
「誰も居ないなら、私が出ましょか?」

 

 
 そんなこんなでオーボエ吹きとして乗ることになった本番当日は、とんでもなく暑い日でした。
 
 
会場はお祭りムード満点!
(正面奥の白い屋根がイベントステージ)

 早い時間に会場入りするとお祭りはかなりの盛り上がり!この暑さなのでビールをググッといきたいところなんですが、一応『仕事』を控えているので我慢、我慢…、終演後のお楽しみに取っておくことにして、かき氷なんぞを頂きました。お祭りをそこそこ堪能したところで本番の準備へ…
 
 今回の本番は野外のイベントステージでの演奏でした。ウチのオケとその前の中学生による吹奏楽以外は全てポップスのステージで、俗に言う「夏フェス」的な感じでした。控室が足りないため「リハ無し」「控室での音出し無し」という恐ろしい段取りだったんですが、全く緊張しなかったのはお祭りという『空気』のせいでしょうか?
 
「風対策を万全に」と言われてたんですが
やはりプチ事故は起こってました…

 まあ、本番は「居らんよりマシ」レベルには吹けたと思います。オーボエは下手すりゃ「居らん方がマシ」とか言われちゃいますからね…(^^;ゞ
 
 夏の野外演奏って雨雲が気になったり、風で譜面台が倒れたり、めくったページが戻ったり…色々大変でしたが、良い経験をさせていただきました。だって演奏中に「あっ!風向きが変わった」なんて考える事ありませんものね…(笑)