2009年4月30日木曜日

Cello&Coo 低級化(?)プロジェクト

 以前、Cello&Cooさんにお願いしていた白いベルリングが届きました。さっそく外科手術です!

手術前の「王冠」リング

外すとこんな感じ



ベル管が少し太いので紙やすりをかける

段を2mmほど下げるために彫刻刀で削る
削りかけで段差になっている状態


削り終わった状態


リングを接着して出来上がり!
 


 中国流の「高級」は私には理解できなかったので、メーカーさんには申し訳ないのですが「低級化」させていただきました(笑)
 
 木工旋盤があれば15分で削れたんでしょうが、手持ちの道具は彫刻刀と紙やすりのみ…3時間の格闘の末、なんとか嵌め込む事ができました!糸巻き・白ツルリングと改造して、オリジナルのFg-2とはかなり見た目が変わりました。小人のFg-2にはCello&Cooのロゴがはいっていませんので、パッと見、どこの製品か判りません。キツネのシールでも貼ってみましょうかね!?
 

2009年4月27日月曜日

プチ迷惑…


 昨日はオケの練習でした。
 
 小人は前にも書いたアルティエリのギグバッグでせっせと練習に通っているんですが、このバッグがちと曲者なんです。普通のハードケースなら立てて置く事もできるんですが、ギグバッグの場合、写真のように横にしか置けません(台形ですからね)。これがまたすごく幅を取るんですな…
 
 電車の席に横に置くと1.5人分だし、足に挟むように床に置くと前に飛び出す…背中に背負ったまま浅く座るのが一番場所を取らないんですが、重いのでひざの上に斜めに置いています。昨日は隣に座った女性に速攻で場所を移動されてしまいました。バッグがうっとおしかったんでしょうね…(汗)
 
 Foxのコンパクトケースとか欲しいです…(^o^;)ゞ
 

2009年4月24日金曜日

製造する国、捏造する国

韓国のオークションでこんな出品を見つけました。

日本のFUJITSU社の卓越したサックス製作技術と
厳格な TQC System基準は、正確な音程と美しい
音色、そして秀麗な光沢を保証します…だそうです
 
 おおっ!富士通がサックス作ってるとは知りませんでした(爆)

 出品者の説明によると「70年代から欧州やカナダと協約を結び、台湾や中国に現地工場を設立してクオリティの高い教育用楽器をOEM生産している会社」なんだそうです(パソコンメーカーじゃないのね…)。
 
 他にも世界的な楽器専門会社・ドイツのTriumph社(聞いたコト無いや)製のトランペットとかも出品されてます。トライアンフって言えばバイク・自動車メーカーでしょ!?しかもドイツじゃなくて英国だし(-_-;)
 
 中国製の楽器に適当なブランド名を付け、日本企業やドイツ企業の持つ信頼にタダ乗りするって…日本やドイツブランドのアルトサックスが385,000ウォン(今日のレートで27,920円)で買える訳ないじゃないですか。これって中国人か韓国人か、どちらが騙してるんでしょうね?
 
 中国企業も分野によっては自社ブランドで勝負できるクオリティを持つところが増えてきました。楽器の分野でもちゃんとしたものを作れるところも出てきたのですから、そろそろこんな事はやめて自社ブランドで勝負してくれる事を期待したいです。
 

2009年4月19日日曜日

意外な効能…

 ジョイントを糸巻きにして1つ良かったことがあります。ウイング管の差し込み部分(写真右)に水が溜まりにくくなり、右手人差し指の穴から水が出てこなくなったのです。糸が水を吸ってくれているようです。「漏水」でお悩みの方は是非…
 

2009年4月16日木曜日

激安コントラ、その後…(その2)

 先日ご紹介した激安コントラファゴットですが、その後気になって夜も眠れません…(嘘)。

 気になって仕方ないので、入札してみました!いったいどんなトラブルが襲い掛かってくるのか、どんな風に詐欺られるのか????? ワクワクしてたんですが…

 The seller ended this listing early because of an error in the minimum bid or reserve amount.
出品者は開始価格か最低落札価格を間違えたため、この出品を取り消しました。

 な~んと!終了前日に出品が取り消されてしまいました(英文を直訳すると「この出品を早期に終了させた」ですが、現状の入札額で手を打つヤフオクの早期終了とは違い、ここでは入札が全てキャンセルされる「取り消し」です)。

 4人が入札していましたが、全部取り消されていますね。このリストによれば取り消し寸前の価格は$560.00だったはずです。同じアイテムをスタート価格下げて再出品しといて「間違えたから取り消し」って、明らかにウソついてますね。
 
 どうもこの売り手は「買い手の気を引くために激安・最落なしで出品⇒思った金額まで上がらならなければ、”間違えた”という理由で取り消し」という手口を繰り返しているようです(他の出品も片っ端からキャンセルになってました)。なんでそんな面倒くさい事をしてるのかは解りませんが、さすがは「謀略4千年の歴史」の国の方です。ちょっとカチン☆ときたので、ebayに「詐欺的出品」として通報してやりました…(笑)
 

2009年4月14日火曜日

Cello&Coo高級化プロジェクト(その2)

 今日は久々にフリーな休み。桜も終わり、外は雨…という訳で、先日教えて貰ったファゴットの糸巻きに挑戦してみました!
 
これが元の状態。Low-H,Bのキーを外しておきます。
 
コルクをガリガリ剥がします。
↓ 

全部剥がれました!意外と簡単です。

で、糸を巻くとこんな感じに…

 

 

 これで3ヶ所のジョイントが全て糸巻きになりました!早速吹いてみたんですが、中・低音が柔らかくなったような気がします。気がするだけですけど… 

 今回の材料費 ⇒ 408円
見た目の高級感 ⇒ priceless(笑)
 

2009年4月10日金曜日

Cello & Coo 高級化(?)プロジェクト

 今日はCello & Coo さんの管楽器修理センターにお邪魔しました。ジョイントコルクが緩くなっていたので交換してもらおうと思ったのですが、店長さんから意外な申し出が…「糸巻きにしてみませんか?」

 コルクと糸巻きでは音色が違うという話を聞いた事があるので、試してみるのも悪くないと思いお願いしてみました。店長さんがお忙しかったのでお弟子さん作ですが、写真のように非常に丁寧に巻いていただきました。他に自分でも気付いていなかったブーツ管の上の金具の緩みも直してもらいました。
 
                        *
 
 そういえば以前、某有名楽器店のHPで「高級なファゴットはジョイントが糸巻きでU字管のパッキンに天然コルクが使われている。この2点をチェックすれば、吹かなくても楽器の性能が判る。」という内容の記事を見ました。
 
 「高級品にはコルクパッキンと糸巻きジョイントが採用されている」からと言って「コルクパッキンで糸巻きジョイントなら高級品」にはならないと思います。それって数千円でアップグレードできる事ですし…
 
 「吹かなくても楽器の性能が判る」…神のような店員さんですね。今度新宿に行ったら小人の楽器を「見せて」、どんな性能か判定してもらおうと思います…(笑)
 
 
ほ~ら!コルクパッキンと糸巻きジョイントですよ~(爆)
 

2009年4月8日水曜日

激安コントラ、その後…

 4月1日にウソのようなスタート価格のコントラファゴットについて書きましたが、その後どうにも気になったので、売り手に質問を出してみました。以下はそのやりとりの概要です。

 小人「写真を追加できないか?全体やベル、キーなどが見たい」
     (オークションの質問フォームより送信)
 売手「メルアドを教えてくれれば写真を送る」
 小人「オークションに追加してくれないか?みんな見たいと思うので」
     (このメールで小人のメルアドが売手に知れる)
 売手「アドレスありがとう。写真を送る」
     (…と言いながら写真添付無し)
 小人「写真を送って欲しい。中国製と思われるが、詳細を教えて欲しい」
 売手「写真は受け取ったか?これは中国製だ」
     (全く質問に答えていない)
 小人「写真は受け取っていない。どうやって送ったのか?」
 売手「あなたのアドレス宛に送った」
 小人「メールは何度も受け取ったが写真は無い。もう一度送って欲しい」
 売手「あなたのメールアドレスに問題があるんじゃないか?」

…なんてやり取りをしている内にオークションは入札ゼロのまま終了してしまいました。

 私のメルアドは普通に写真をやりとりできますし、ebayオークションは出品後に写真の追加もできます。質問に対するレスは早いのですが、のらりくらりかわされてる感じです。詳細を聞いても答えないし…多分ですけど、この人現物持ってないですね…。何を企んでるのかは不明ですが、こういった売り手にはかかわらない方が良さそうです。

 なんて事を考えていたら、すぐに再出品されてました。今度はなんと$499.00スタートだそうです。もちろん写真は前と全く同じ1枚だけで…

$499って…(=_=;)
 

2009年4月6日月曜日

軍用ファゴット???


 最近、ちょっと気になっている楽器があります。
その名は「サッリュッソフォーン」
 
 最近ではほぼ廃れてしまった楽器なのであまり見る機会はありませんが、ヨーロッパのサイトではよく紹介されていますし、海外のオークションに稀に出てきます。
 
 右の図版はIDRSで公開されているものを拝借しました。サリュッソフォーンはソプラノからコントラバスまで色んなサイズが存在したようで、図はEbコントラバスだそうです。見た目はコントラファゴットとサックスの合いの子のような楽器で全金属製です。ダブルリードで吹きます。
 
 もともと軍楽隊の為に考案された楽器のようで「コンバット・バスーン」なんて呼び名もあったようです。IDRSのHPには運指表も公開されていますが、指使いはファゴットよりもサックスに近く、サックスからの持ち替えは容易だったようです。
 
 いったいどんな音がするのか気になるところですが、なんとYouTubeに動画がアップされていました。
 
 
感想は…、まあ一度ご覧下さい!
 
 YouTubeには結構変わった楽器の動画がアップされていて面白いですね。コントラバス・サックスなんてとんでもない楽器もありますので、色々探してみて下さい!
 

2009年4月1日水曜日

エイプリルフール?

ebayでとんでもない出品を見つけました!


 木製コントラファゴットがたったの$1,900スタートだそうです…

コントラでこの価格なら入札が殺到するはずなんですが、余りに安すぎて怖いので誰も入札しません(笑)
 
 
どなたか勇気のある方、ぜひ…!!!