2014年5月13日火曜日

新しい管楽器修理センター、行ってきました!

 先日、管楽器修理センターさんの新大阪の新しいお店にお邪魔してきました。本番が無事終わったので、バソンのお礼も言わないといけませんのでね!
 
庄内の工房とは正反対の「お店」です(笑)

 昔の新大阪店は雑居ビルの3F、庄内の工房は長屋の町工場と、入るのにちょっと勇気が要ったんですが、新しいお店は路面店で中もよく見えるので初めての人でも入りやすそうです。
  
店内も普通の楽器屋さんに見えますが…

 入ってみると店内には楽器がいっぱい!「あれ?修理センターじゃなくて販売店?」…と思ったんですが、並んでいる楽器を良く見てみるとリフォーム中のものや中古で仕入れたまんまのものが…。聞いてみると「例えばサックスならクラシック奏者が買うかジャズ奏者が買うかでセッティングが違うので、敢えてそのまま置いてる」んだそうです。な~るほど!やっぱりここは修理屋さんでした。メーカー新品を販売してる楽器屋さんには出来ない売り方ですね。
 
 とはいえ、そこは母体がCello&Cooさん。自社ブランドの新品楽器の他、ちょっと珍しい(アヤシい?)中国製楽器も…(笑)
  
バストランペットとか…
  
F管バルブトロンボーンとか
スライドトランペット?とか…
  
ロータリーピッコロ、ピストンピッコロ、E♭管…!?
  
 なぜか珍しいものは金管ばかり。いやぁ~木管吹きで良かったぁ…(^-^;ゞ
 
 
 あと、アクセサリーにもとっても珍しいものが…
 
1番???????

 ヴァンドレンのアルト用リードなんですが、驚きの1番!もちろんNONAKAシール付きの正規品です。ジャズ用に元々あるものなんだそうですが、普通楽器屋さんには置いてないですよね?
 
 普通の楽器屋さんに飽きた方、一度覗いてみて下さい。きっと楽しいですよ!
 
 
  
※その後、向かい側に移転されましたので、現在の状況とは異なります… 

2014年5月6日火曜日

めっちゃ悔しい…

 今日は4年ぶりにオケの春の演奏会に乗りました。ご来場いただいたお客様、ありがとうございます!そして出演者及び関係者の皆様、お疲れ様でした!
 
いつもの小さなホールですが、おかげさまで超満員でした!
 
 春はいつもポップスや童謡も取り混ぜたプログラム、MCも入って和やかな雰囲気で、吹いてて楽しかったですね。演奏は例によってへっぽこでしたが、それなりにお楽しみ頂けたんではないかと思います。
 
スタンド初めて使いました(笑)

 さて、今回の演奏会は小人的には「バソン乗り」「サックス持ち替え」という、かなりチャレンジな本番で、久しぶりにドキドキしました。
 サックスソロはそんなに悪くなかったと思うんですが、バソンのとっても目立つところで大失態を…出る前の一瞬の確認ミスが原因なんですが、練習では普通に吹けてたところだっただけに悔しいです。バソンという楽器の「神経質さ」と本番の恐ろしさを思い知りました…(汗)
 
 
まだまだ修行が足りませんね…(=.=;)