2016年3月21日月曜日

今年も出られました!

 20日は毎年恒例・母校の定期演奏会でした。
 
 今年は思うところあってコントラバスでエントリーしたのですが、顧問の先生から「ファゴットを吹いて欲しい」との連絡があり変更になりました。後で知ったのですが、今年はコントラバス2人とエレキベース1人がエントリーしていて無理だったようです。
 
いつもの桜、まだつぼみでした…

 去年は「木低トリオ」を堪能しましたが、今年は残念ながらバスクラが居らず、バリサクとの「木低デュオ」でした。しかし背後にはチューバ4人、コントラバス2人、エレキベース1人という、とんでもなく充実した低音群!乗っかり気味でお気楽に吹かせて頂きました(笑)
 
 
若手が仕切ってくれるので、楽ですね…(笑)

リハーサルの様子。毎年これだけの
OBが集まるってスゴいと思います!

 今年は結構「吹ける」現役生が多かったので、難しい曲にもかかわらずよくまとめたなと思います。自分も含めOBの方が練習不足でお恥ずかしい限りでした…(汗)
 
 
OB合同ステージ

 今回コントラバスでエントリーしたのは「現役時代にやってた楽器で乗りたい」というワガママだったんですが、そんな回帰願望が強くなるのはやっぱり歳のせいですかね?小人が現役時代にクラ、コンバスだった事を知ってる人はOB会でも多くはないです。打ち上げの席で「来年はクラで出る!」と宣言したんですが、あっさり拒否られる始末…(T-T)

 
積み込みを終えると一抹の寂しさが。
「あぁ、今年も終わったんだな」って…

 現役生の諸君、顧問の先生方、OB・OG諸氏、みなさまお疲れ様でした。来年もまた<何かで>参加しますので、どうぞ宜しくお願いします!
 
 

2016年3月9日水曜日

Googleが楽器に?

 今日、スマホでグーグルを開いたらトップ画がテルミンになってました!
テルミン博士ではなく、著名な演奏家だったクララ・ロックモアさんの生誕105周年なんだそうです。

パッと見てこれが何か判る人、かなりのマニアですね(笑)

 触れずに演奏するという摩訶不思議な楽器、テルミン。小人も「大人の科学 製品版 テルミンPremium」で一時練習しましたが、全く歯が立ちませんでした。ま、そもそもテルミン、トロンボーン、スライドホイッスル、オタマトーン…自分で音階を捉まえるタイプの楽器はからっきしダメなんです…(泣)
 
 
 
 Doodleでは彼女に3ステップのレッスンを受けた後、自由に曲を弾いて遊べます。もちろん訓練を積まなくても簡単にメロディーを奏でられる仕様です!音色も結構イイ感じです。元々が電子楽器なのでパソコンで再現し易いんでしょうが、それにしても雰囲気出てますね!
 
 

 
 
 多分、明日には消えてしまうので、あとはこちらから…



【おまけ】設定機能について
左下にある歯車マークを押すと、次のような設定画面が現れます。
 
 
キー:半音ずつ移動可
音階:長音階、自然短音階、四七抜き音階(渋っ!)、半音階の4種類切り替え可
オクターブ:3段階切り替え可
波形:4種類切り替え可
 
…と、なかなか多機能なのです!
しかも、ボリュームやヴィブラートに連動して女史の手がちゃんと動くという芸の細かさ。開発者さんGJですっ!
 
 こんなスゴいDoodleなんですが、ただ一つ残念なのは「左右が逆」なこと(上の動画と比べてみて下さい)。おそらくレイアウトの都合でそうしたのでしょうが、楽器をやる人間にとって「構えが逆」ってどうしても気になりますよね。

 
 ちなみにビギナーモードをOFFにすると「見当」が消え、本物並みの難しさに…絶対音感に自信のある方、是非チャレンジを!
 
 

2016年3月4日金曜日

“オプション”考

 春が来ましたね…昨日から目の痒みとくしゃみが止まりません…(泣)

 さて春と言えば母校の定演。今年も参加すべく母校にお邪魔し、パート譜をもらってきました。
 

 やっぱ吹奏楽では「ファゴット」じゃなくて「バスーン」なんだなぁ(2011年4月14日投稿『ファゴットとバソンの違い』参照)、なんて思いながら見てると、ある楽譜に「(Option)」の文字が…
 
あぁ、これが吹部の子がよく話題にする「Option」かぁ…

 ネットで良く見かける、「オプション扱いでサガる~」とか、最終的に<吹奏楽にファゴットは不要論>(あるいはオーボエまで含めてダブルリード不要論)まで発展するヤツですね。
 
 
ファゴット不要派の意見としては…
 ①ファゴットが無ければ成立しない吹奏楽曲は無い
 ②どうせ聞こえない

ファゴット必要派の意見としては…
 ③有ると色彩感が違う
 ④オケ編曲モノには不可欠
 
…とまあ、要約するとこんな感じでしょうか?「不毛な論争だなぁ」と思うんですが、現役の子には結構重大な問題のようです。
 
 
 小人はオプション指定については単に『現実的な配慮(=優しさ)』だとしか思っていません。アマオケではファゴット奏者が居なければエキストラを呼びますが、スクールバンドではそうもいきません。そもそも楽器を持ってないバンドも多いので、無くても合奏が崩壊しないように書いておくのは『優しさ』なんだと思います(だから逆に「無くてもイイじゃん?」と言われてしまうんですけどね)。
 
 更に言うと「Option」と書きながらも、ちゃんとパート譜が用意されてるんだからイイじゃないですか!ホントにパート譜が無ければ、ユーフォやバスの楽譜を流用するか、“編曲”しなくてはいけませんからね。
 実質オプション扱いなのに「Option」と書かれていない場合も多く、申し訳なさそうに「Option」と書かれている方がかえって誠実な感じがします。
 
 昔、オケでモーツァルトの初期の交響曲を演った時に、ファゴットのパートがありませんでした。「まぁ、当時の演奏習慣からしてバスパートを重ねても良かろう」といって適当に吹いたんですが、こういうのが本当のオプションですよね。
 

 吹奏楽だろうがオーケストラであろうが「基本的な楽器編成」があるので、作・編曲者がそれに合わせて各パートを書くのは当たり前の話です。本当に欲しい音だけ書いてたら、ブランデンブルグ協奏曲みたいに曲ごとに勝手気ままな編成になるはずですよね?2管編成や3管編成できれいに揃っているのは<大人の事情>があるからです。…であれば「どうしても要る音ではないんですが、編成有るんでとりあえず埋めときました」的な部分があってもちっともおかしくはありません。
 
ハイドン:交響曲104番「ロンドン」終楽章より 
 これはハイドンの例ですが、管楽器はハーモニー、弦が交差してして走り回る中で、チェロにだけファゴットの<音色>を重ねる理由は(たぶん)ありません。なにより、これ完璧に吹いたらチェロと同化して聞こえません。「いや、音色が微妙に違う!」と仰る耳の良い方もいらっしゃるかもしれません。もちろん違うんでしょうが、「ハイドンが意識的にその音色の妙を狙ったか?」「ファゴットの有無で音楽が違って聴こえるか?」と問うならば、答えは「否」でしょうね。
 
 ちなみに小人はこの部分<自主落ち>しました。チェロに完全に乗っかる自信が無かったので…(汗)
下手に吹くと合奏を乱すけれど、完璧に吹いても全く吹かなくても結果がほぼ同じというトリッキーなオーケストレーション。ハイドンらしいと言えばらしいのかもしれません…(^^;ゞ
 
シュトラウス:「こうもり」序曲より
 
 同様の例はアマオケの定番「こうもり」序曲にも見受けられます。こんな盛り上がるところでよりによってトロンボーンと重ねるなんて…。「後ろの奴等コロス!」と思ったファゴ吹きは、絶対小人だけじゃないですよね?(笑)
 
 
 では最後に「作曲者に『現実的な配慮(=優しさ)』が無いとどうなってしまうのか?」の例を挙げておきましょう…
プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」第2組曲より
Tuttiも吹かせてもらえない…アングレやバスクラでも
もっと吹いてます。酷過ぎです… p(T-T)q
 
 
あぁ、なんて悲しい… 「オプション上等!」 ですよね!?