2015年3月13日金曜日

バソンかファゴットか?

 いよいよ母校の演奏会が迫ってきました。小人は一昨年の宣言(2013年12月24日投稿『自分のブログで~(中略)~決意表明のようなもの』参照)以来、ずっとバソンオンリーで練習してきました。今回も当然バソンで乗るべく練習してたんですが、ちょっとテンションの下がることが…
 
例えばこんな曲がある…

 ポップスに良くある「後半盛り上がって半音上がる」というヤツです。ハ長調から半音上がるので本来は嬰ハ長調(#7つ)なんでしょうが、異名同音の読み替えで変ニ長調(♭5つ)で書いてくれてるのはアレンジャーさんのせめてもの優しさなんでしょうか…(笑)
 
 吹奏楽ではC管の楽器は<♭まつり>だってのはお約束ですが、これバソンで吹こうとするとほんとにテンション下がるんですよね~。吹けなくはないんですが、すごいストレスで全然楽しくないんです。
 
 
 そんな訳で、今日は久々にファゴットを引っ張り出してきて、両方で練習してみました!
 
 

 こんな事を言ったらベインズ博士には怒られそうですが、やっぱりファゴットの運指の方が合理的ですね。♭5つでもストレスなく吹くことができます。不思議なことにオケではバソンでもそんなにストレスを感じないんですが、それはやっぱり昔の楽器の為に書かれた曲だからなんでしょうね。モダン・ファゴットで吹く前提の吹奏楽曲は楽器の扱いが違うようです。

 

 
 そんなこんなで今回は敢えてファゴットという選択をしたいと思います。もちろん軸足はバソンのままなんですが、最終的には「両刀遣いになりたい」という野望もありますのでね!(笑)
 
 

0 件のコメント: