2014年6月27日金曜日

フランス式=フランス流ではない(1)

 オケや吹奏楽にバソンなんぞを持って行くと、よくこんな事を言われます…
 
『こだわりですね』
『フランスものお好きなんですね』

 う~ん、釈明するのも面倒なんでいつも笑って誤魔化してしまうんですが、小人的には特にこだわりも思い入れも無いんですよね~(汗) 確かに「バソン」をネットで検索すると

『今やバソンは音色にこだわるフランスの一部のオケでしか使われていない』

…といった記述を見かけます。これ、多分正しくないんですけど、ファゴットに対するバソンの構成比と『のだめ』のポール君のイメージでこういう風に思われてしまっているようです。
 
 
 Youtubeを探せば「フランス人でないバソンの演奏」がたくさんアップされています。いくつか紹介しておきましょう。
 
Cecil James氏(イギリス)

James家はお父さんが王立音楽院の教授だったり、おじさん達がロンドン響やBBC響に居たりするイギリスのバスーン一族だったそうです。Cecil氏もフィルハーモニア管の首席奏者やデニス・ブレイン木管五重奏団として活躍されました。お父さんがバソン吹きだったので、息子も自然とそうなったようです。

ちなみにこの録音、言われなければバソンって判らないと思います。ファゴットとバソンの聴き分けって、世の中で言われてるほど簡単ではありません。

Howard Dann氏(イギリス)

Cecil James氏は一世代前の方なので、現役の方も紹介しておきますね。
 
Luc Loubry氏(ベルギー)

これも動画が付いてないのでバソンと判りにくいですね。
一応、この人がバソン吹きだという証拠を…↓

右がLoubry氏。
ベルギーはフランス語圏とも言えなくはないので微妙なトコなんですが、音楽史的にはフランドル楽派「からの~」ということで、一応フランス外として挙げさせていただきました。
 
Jim Morgan氏(アメリカ)

伴奏は明らかにアマオケですが、Morgan氏はプロのようです。アメリカ人のバソンってちょっとイメージ沸きませんが、例えばボストン・シンフォニーの歴代首席奏者の内、少なくとも2名(1901-1905 A.Debuchy、1918-1936 A.F.Laus)はフランスから来たバソン奏者なので、アメリカ人に弟子が居ても不思議ではありません。(→出典:The Stokowski Legacy

 ちなみにDebuchy氏はかのEugène Jancourtのお弟子さんだそうで、よくアメリカからJancourt式のバソンが売りに出るのと何か関係があるのかもしれません。
 
 

 
 まあ、これくらい出しとけばバソンが「もはやフランスにのみ生息する絶滅危惧種」でも「フランス音楽専用ツール」でもないとご理解いただけると思います。皆さんフツーに<バスーンとして>吹いておられますよね!?
 
 ちなみに冒頭に戻って「小人は何故バソンを吹いているか?」ですが、手持ちの3本の楽器の中でクランポンが一番マシだから、という単純な理由です。誰かヘッケルかモーレンくれたらあっさり乗り換えますよ(笑)。まあ「多数派が嫌いなひねくれ者だから」というのも少しはありますけどね…
 
 

0 件のコメント: