2016年8月18日木曜日

「バソンか、ファゴットか?」ではなく、「バソンとファゴットで!」

 またまた『のだめカンタービレ』からのお話です。【ネタバレ】を含みますので、「さあ、これからのだめ読むぞー!」という方は「戻る」ボタンを押して下さい…
 
 のだめ由来のバソンに関する誤解は次の5つがあると思います。
 
  1.キーが少ない
  2.バロック時代からほとんど変わらない
  3.コントロールが難しい
  4.フランスの伝統楽器
  5.アンサンブルが合わせにくい
 
 1~3については以前にも話題にしましたので、今回は4と5について考えてみたいと思います。

 

 マルレオケのオーディションにポール君がバソンで参加したために、「ファゴットか、バソンか?」という議論が起きます。
 
 今回は『ファゴット』の募集なので、持ち替える気が無いなら失格だと主張する首席に対し、コンサートマスターが放った言葉がこれ…
 
本気で言ってます?
   
 小人は日本人なのでフランス人の心情は理解できませんが、ホントにそんな風に思ってるんですかね?!
 
 
フランス人がファゴット吹くのって、そんなに背信行為なんですか?

 何度も書きますが「フランス式」というのは便宜上そう「呼ばれている」だけで、別にフランスの楽団だけが伝統芸能のように守り育ててきた楽器ではありません。19世紀中頃~20世紀中頃にはスペイン、イタリア、ベルギー、イギリス等で広く普及したシステムについて「守る」とか「疲れた」とかいうのは、漫画としては面白いですが音楽史的には誤解を生むだけですね。
 
 更にファゴットとバソンの混成についても、目を伏せ汗をかきながら「できなくはないだろ」「できなくはないでしょうね」と、「めっちゃイヤだけどしょうがない」的な感じです。
 
 

 
 このエピソードが醸し出す<空気>は「ファゴットか、バソンか?」という2択の構図なのですが、ファゴットとバソンは決して対立する要素ではありません。ポール君が首席をディスるのはバソンに対する思い入れ(思い込み?)が強過ぎるだけで、バソンという楽器自体に協調性が無いからではありません。
 
 

 事実、バソン吹きが一定数居た時代には、ファゴットとバソンの混成は普通に行われていました。これはBBC交響楽団のツイッターに上げられた1942年の写真ですが、2番奏者がバソン吹いてますね。フィルハーモニア管で長く首席を務めたセシル・ジェームス師も引退までずっとバソンを吹いていました。 
 
ボストン響首席だったレイモン・アラール
The Stokowski Legacy より)

 イギリスだけではなく、アメリカでもバソン奏者は活躍していました。モーリス・アラールのおじであるレイモン・アラールは1936年から1953年の間、ボストン交響楽団の首席を務めました。アメリカはファゴットが普及した国なので、バソン吹きが首席になったからといってセクション全体をバソンに入れ替えるはずもなく、おそらく混成であったと考えられます。
 
 このように一流のオーケストラでもファゴットとバソンの混成は普通の事だったんです。「できなくはない」という消極的な感じではなく、世の中ではフツーに「できる」事だったんです。
 
 ファゴットとバソンの混成に関してはベインズ師匠が面白い事を書いています。
 
 これら2種類のバスーンはいずれも完璧なものではなく、お互いに音色も同質ではないのにもかかわらず、共用するとかなりうまくいくのは奇妙なことである。イギリスのオーケストラではしばしば共用されているのを見受けるが、一般に最良の効果が得られるには--もちろん奏者にもよるが--ビュッフェを上声部に使い、ヘッケルに下を吹かせると、よりよいといわれている。
(A・ベインズ著/奥田恵二訳『木管楽器とその歴史』音楽の友社、p.169)
 
 ベインズ師匠って実はロンドン・フィルのバスーニストだった人なんですよね。自身プロであり古今の楽器にも精通した方がこんな風に考えていたというのは、演奏史上重要な証言だと思います。
 
 余談ですが、ベインズ師匠はファゴットが成功した理由について、良いリードを揃えるのが容易でオケ奏者の生活が楽になるからだ、と述べています(前掲書p.167)。この説でいくと、マルレオケの首席が疲れたのはリード作りだったんですかね…?!
 

 小人もバソンに転向してからずっと混成です。本人的には楽しく合奏させてもらってるんですが、指揮者や団員のみなさんはウラで目を伏せ汗をかいてるんでしょうか…
 
 


0 件のコメント: