2016年7月22日金曜日

日本語って難しい…

 先日、ひょんなことから古本屋に行く機会があり、柄にもなくコミックスなんぞを買ってしまいました(^o^;


 はい、「のだめカンタービレ」です。例のバソンのエピソードが載っている部分が欲しかっただけなんですが、巻末・巻頭にまたがってるので2冊買うハメに…
 
 
 
 う~ん、巷に溢れるバソンの噂は全てこのページ(とwiki)から広がっていると思うと、なかなか感慨深いものがありますね(笑)
 
 
 さて、この千秋先輩のセリフについては当ブログでも過去に物言いをつけましたが(2014年7月29日投稿『千秋先輩のウソつき~!』参照)、今回はこのページの内容が世の中に広まっていく間にビミョ~に内容がズレたり、誤解されたりしてる様子を見てみたいと思います。
 
 
①「キーも多く完成度も高いファゴット…」

 キーが本当に多いかどうかは置いといて、面白い勘違いが起こっています!
 
「キーが多い」が「音が多い」にすり替わっていますね

「キーが多い」→「音が多い」→「音域が広い」
伝言ゲームのように少しづつズレてきてます…(笑)
その他にも、誤解が満載ですね(汗)
 
 
 ②「バロック時代からほとんど変わっていないバソンは…」 
 
 このフレーズ、楽器の歴史を知っている人なら「バロックファゴットの遺伝子を受け継ぐ直系の楽器」という意味合いで理解できるんですが、知らない人には「バソンはバロック時代からそのまま使われている」と理解されるようです。こんな短い文から<バソン=古楽器説>がまことしやかに広まるなんて、ヒット漫画の影響力って凄いですね!
 
 ヴィヴァルディの話なので、「この時代」ってバロック時代ですよね?
 
 何度も言いますが、俗にいう"バソン(フランス式・ビュッフェ式)"は19世紀後半以降のものです。バロック時代の話をしているのなら、4~6キーの楽器を思い浮かべなくてはいけません。
 
 ところでこのツイートって何の曲の事を言ってるんでしょうか?ファゴット協奏曲ならかなりの難曲ですが…
 
 


 右の写真はベーム式の試作品ですね。ヘッケルはフランス式を改良してドイツ式を作ったのではありませんし、ベーム式は全く別のチャレンジのはずです。この本は読んだことありませんが、ホントにそんな事書いてあるんですか?
 何より残念なのは、この方プロのファゴ吹きさんなんですよね~どうかお弟子さんに変なこと吹き込んだりなさいませんように…(-_-;
 
 

 
 このツイートは<バソン=古楽器説>以外にもてんこ盛りで面白いですね。「音の協調性がアレ」とか「吹奏楽は音色のバランスが取れない」とか、斬新すぎてついて行けません…(^^;ゞ
 
 「吹奏楽でバソンを使ってるのは見たことない」そうなので、お見せしますね(笑)
ギャルドも知らずに吹奏楽を語るなんて、ツイートの信憑性がアレで…


あと、我が母校の吹奏楽部の定演でも時々バソン使われてます。
吹いてる人は確かに“アレ”ですが、音色自体はそれほどでもないですよ…(笑)


0 件のコメント: