2016年4月5日火曜日

ファゴットで遊ぼう!その2~低音拡張

 以前YouTubeで見つけた<ファゴットで遊んでる人達>を紹介しましたが(2015年6月9日投稿『ファゴットで遊ぼう!』参照)、またまた変なのを見つけたので紹介しておきますね(笑)
 
その1

 
その2

 
 はい、楽器に細工する事なく最低音のBbより下がろうという試みですね。方法はお二方ともおんなじで、「重音(ハーモニックス)奏法で基音を強調する」というやり方です。最初の方がコメント欄に運指を書いてくれているので紹介しておきましょう(二人目の方も基本的には同じ運指ですが、Low Fがちょっと違います)。
 
  Low A: Low Fの指使いで左手薬指を開ける
  Low G#: Low Eの指使いで左手薬指を開ける
  Low G: Low Ebの指使いで右手人差し指を開ける
  Low F#: Low Dの指使いで右手人差し指を開ける
  Low F: Low Dbの指使いで右手中指リングのみ押さえ音穴開ける
 
 
 小人もやってみましたが、重音で出す音はどうしてもプルプル震えるので、通常の低音域と比べると残念ながら『楽音』には聴こえません。単独では使い物にならない感じですが、他にその音が鳴っている処に重ねるのなら使えるかもしれないですね。演るとしたら吹奏楽の和音の吹き伸ばしでペダルトーン的に鳴らせる場面でしょうか。どなたか試してみませんか?(笑)
 
 
 重音奏法と言えば昔リコーダーでよく練習したもんですが(リコーダーのレパートリーってバロックの次はもう「現代」ですからね…)、管体が激しく振動するせいか、そのあと普通に吹いても楽器の鳴りが良くなる感じがしてました。ファゴットにも効きますかね?
 
 

0 件のコメント: