2012年7月20日金曜日

お子様用ファゴット、という思想

ヨーロッパには色んなジャンルに『お子様用』のアイテムが存在するそうです。パソコン、カメラ、万年筆、そして楽器…

 楽器の世界では分数ヴァイオリンなどは普通なんですが、これが管楽器となると事情が違ってくるようです。なかなか面白い思想のものがあるんですが、日本ではまずお目にかからないですよね…

 ファゴットで言えば、まずスケールダウンしたファゴッティーノやテナルーンなどが思い浮かぶんですが、他にも並ファゴットをお子様用にアレンジしたものが存在します。今回は日本ではまず見かけない、そんなタイプについてご紹介します!


1. Fagonello
 ドレスデンのHEYDAY'Sというメーカーが作っている楽器。全長98cm/重量1.25kg(並ファゴットの1/3)で5歳から吹けるそうです。



 ベルが短く、最低音はC。並ファゴットのような構造に見えますが、実はワンピースボディで楽器の組み立てが不要なんだそうです(スワブ通すの大変そうですが…!?)

YouTubeに音源もアップされています!

ベルが無いとピッチが不安定になるんですかね?音色も少し荒っぽいような…


2. Oscar Adler Modell 1350-Fagott fur kinder
 天下のアドラーがこんな楽器を出してたなんて、軽く衝撃… 

Model 1357と比べると「思い切った」度が伝わってきますね(笑)
こちらも最低音はCなんですが、『Plexi-Resonator』なるもの(ベル上部の乳白色の筒)がオマケで付いてくるそうです。レゾネーターとは共鳴器・共振器の意味ですが、多分Low-H/Bが必要な時に差し込む延長管と思われます。でもこれを差すとLow-Cが吹けないワケですから、実用性は限りなく低いですね…


 このモデルのポイントは、<コスパ>で取り上げた1357/120と比べて更に£1,000も安い(ロンドンの楽器屋・HOWARTHの実売価格による)ことなんです!ファゴットのベル管ってそんなにコストがかかるモノなんですかね?


3. Schreiber Bassoon Kid Set
 これは先の2つとはちょっと毛色が違っていて、並ファゴットをお子様仕様にするためのパーツだそうです。今、シュライバーはちゃんとしたHPがありませんが、通販業者のサイトで見つけました。サイト(その2)の説明によると「このベルを使う場合はLow-Bレバーを外す」と書かれていますので、最低音はHでしょうか?
 

サイト(その1:パーツのアップ写真)
サイト(その2:装着した写真と詳しい説明あり)


                                            *

 こうやって見ると、お子様用には共通の思想がある事がわかります。
  ①小型化(全長の短縮)
  ②軽量化(全長の短縮、キーの省略)
  ③バランスの変更(全長の短縮、ボーカルの形状)

 最低音を犠牲にしてでも全長を短くするメリットは大きいですね。しかも小型・軽量のファゴットなら大人だって欲しいです!Low-BやLow-H出せませんけど、あんまし使った記憶も無いし…過去のオケの本番曲の楽譜を見返してみると…

  ・Low-B:1stには全く出てこない(2ndには必要)
  ・Low-H:1回だけ出てきた(ただし2ndとユニゾン)

 お~っと!1St限定(笑)なら使えるじゃないですかぁ!?しかも2ndの人に楽器ぶつける心配もなくなるし…かなり物欲メーター上がってきました!(爆)

0 件のコメント: