2011年5月30日月曜日

プチ改造

 管楽器修理センターさんに入院させていたバソンを引き取りに行ってきました。
 
 3月の吹奏楽の本番の後、キーの部分メッキやジョイントコルクの交換など、色々と気になってた細かい修理をお願いしてたんですが、今回一箇所だけ「修理」ではなく「改造」をお願いしたのがこれ…
 
 この楽器はウィスパーとC#が隣同士にあり、C#を吹くためには通常押さえっぱなしのウィスパーを離さなければならないんです。ところがこれを離すとスカスカの音しか出ません。3月の定演の時に非常に困ったんですが、適当にごまかして吹いてました(汗)。
 『きっと小人が知らないだけで、ちゃんと吹き方があるに違いない』と思ってたんですが、先日頂いたジャンクールの資料で特別な吹き方が無い事が判明したので、実用品として手を入れる事にしました。
 

 簡単な発想なんですが、C#を押さえるとウィスパーと連動するようにキーに細工をしてもらいました。これでやっとC#が使えます!前のオーナーさん、どうやってこの音を吹いてたのか未だに不思議です…?

 
 さあ、道具は整いました!後は練習あるのみですね…(^-^)
 
 

0 件のコメント: