2009年7月22日水曜日

日食、見ました

 今日は休みだったんですが、テレビは朝から「世紀の天文ショー!皆既日食」と大騒ぎでした。しょうがないので(?)釣られてみました(笑)。
 
 大阪地方はあいにくの曇り空でしたが、逆に雲の薄い部分で欠けた太陽を見る事ができました。日食って、小学生の頃に見たような、見てないような…

コンパクトデジカメでは、これが限界でした…
 
 
 感想は…「まあ、そんなモンか」ぐらいです。
だって天文の知識が無い大昔の人ならともかく、今は原理から日時まで全部わかってる訳で…怪奇現象でも天変地異でも神の怒りでも何でもないですからね。科学が進歩するとロマンは減ってくるようです…(笑)
 

2 件のコメント:

S0 NA さんのコメント...

日食見れたんですか! 羨ましいです

自分のところは曇っていて見えませんでした
太陽がどこにあるかすらわからないって感じで(・ω・`)

一生に一回ぐらいは見ておきたい

大管小人 さんのコメント...

SO NAさん、今日は残念でしたね…でもご心配なく!

北海道大学情報基盤センターの「日食・月食情報データベース」(http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10553/)によると、今後10年間だけでも

2012年5月20日 金環食 東京・大阪
2016年3月9日 部分食 東京・大阪
2019年1月6日 部分食 東京・大阪
2019年12月26日 部分食 東京・大阪

4回もチャンスがあるようですよ(大阪だけなら部分食が2010年にも)。一生に一回なんて言わず、何度でも…(笑)