2008年8月21日木曜日

親指大活躍!(その2)


たいていの木管楽器では右手親指は楽器を支える為にしか使いません。ところがファゴットでは右手親指でもキー操作を行います。そうなると右手が宙ぶらりんになってしまいますので、手の位置を固定する為の「ハンドレスト」と呼ばれるパーツが付属します。
 
右側に飛び出した不思議な形をしたモノがハンドレストです。人によって「勾玉」と呼んだり、「う○こ」と呼んだりするようです(ウチの子供も「う○こ」と覚えています)。東京のどっかのビルの上にも似たようなモノがありましたっけ!?
 
両手十本指全てを使う楽器としては、ファゴット以外にはオカリナがありますが、こちらはハンドレストの類は付いていません。楽器を落とさないように「親指の先で楽器を支えながら指の腹で押さえていた指穴を開ける」というテクニックが必要です。ファゴットより難しいかもしれません…

2 件のコメント:

化け猫 さんのコメント...

はじめまして☆ (blogでは…w)
ファゴットはやはりタイコ叩きのオイラには
難しそう(>。<)

指を駆使して演奏する、と言えば
この夏に22インチフレームドラム演奏を習得しようとしていて
すっかりサボっていること発覚です
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

大管小人 さんのコメント...

化け猫さんいらっしゃいまし!
お客様第一号です(笑)

私は基本「笛吹き」なんで、逆にタイコは難しいですね。ま、お互い頑張りましょう!