2008年8月18日月曜日

ファゴットとバスリコーダー

ファゴットとバスリコーダーって何か近いものがあります。

クルーク(ボーカル)が付いてる事や、斜めの構え方もそうなんですが、両方とも本質的にF管の楽器なので指使いが似てるんですよね~。世の中にファゴットとバスリコーダーの両方を吹く人が何人居られるかは存じませんが、きっと共感していただけると思います。

ゼンオンから出版されているリコーダーの楽譜で「モーツァルト:5つのディヴェルティメントK439b」という曲があります。これは元々3本のバセットホルンの為に書かれた曲のリコーダー編曲版ですが、クラリネット2本とファゴット版が有名ですね。浅学の私は、それがオリジナル編成だと思っていました(汗)。
リコーダー版のバスパートを吹きましたが、バスリコーダーを吹きながらも、気分はファゴットでした。

ちなみにファゴットで吹く場合とバスリコーダーで吹く場合、ヘ音譜表上の音は同じでも実際の音はリコーダーの方が1オクターブ高くなります。こんなにデカいくせにバスリコーダーの最低音ってヴァイオリンよりたった1音低いだけなんですよね…すごく損してる気がします(笑)

0 件のコメント: